Home > 木童工房について

木童工房について



  • 木童工房は『飛騨の家具』認定企業です。認定番号0005
  • 安全、安心な国産家具」木童工房は表示事業者に認定されました 認定番号 IFA-00009

木工職人 関西春樹(かんさいはるき)

【木工職人】 関西 春樹(かんさいはるき)

1952年 京都出身。
1979年 『木童工房』を設立。現在にいたる。
ノミや鉋(かんな)等の手道具を盛り込んだ家具造りをこころがけ、デザインから製造まで自身で手がける職人。
「家具は生活の道具」がモットー。

京都の町で現在も残る『飛騨の匠(ひだのたくみ)』たちが建てた木造の歴史建築物を見て育ち、飛騨の匠にあこがれる。
飛騨びとの木工の技と心を学ぶため、1976年飛騨高山へ。
そして地域の皆様のご支援の中で、1979年清見町に木童工房を設立いたしました。

以来初心忘るべからずの思いで、木製オリジナルオーダー家具を作り続けております。

このページの上へ▲

◎使い込まれた手道具

家具の製造に使う手道具。無数の鉋(かんな)

家具造りを支える、さまざまなノミや鉋(かんな)等の手道具たち。 30年以上の年月の間に徐々に集められてきたものです。 中には職人 関西の自作のものもあり、家具造りに無くてはならない道具たちです。


◎手道具達の紹介

職人に使われている手道具の一部分をご紹介致します。

平らな箇所を整える平鉋(ひだがんな) ◎平鉋(ひらがんな)
鉋(かんな)と言えばこの鉋を連想されるでしょう一般的な鉋。 平たい箇所を整える鉋。
◎内丸反台鉋(うちまるそりだいがんな)
鉋の下の部分が丸くでっぱり、面はへこんでいる鉋。 テーブルの“へり”などを成形する鉋。
◎南京鉋(なんきんがんな)
写真のものは職人 関西春樹が自作した鉋です。 自由自在に成形することができる鉋。自転車のハンドルのように両側を持って使用します。

このページの上へ▲

会社概要

会社名 木童工房株式会社
所在地 〒506-0101 岐阜県高山市清見町牧ヶ洞426番地
TEL:0577-68-2322 / FAX:0577-68-2860
設立 1979年
事業内容 オリジナル家具製造業
代表者 関西 春樹
従業員数 4名(2014年4月現在)

このページの上へ▲

木童工房への交通アクセス


大きな地図で見る
木童工房株式会社
〒506-0101岐阜県高山市清見町牧ヶ洞426番地
電話/(0577)68-2322
Fax/(0577)68-2860
ショールームの営業時間/ 午前9:00-午後5:00
mail:info@mokudou-koubou.com

木童工房は、飛騨高山の緑豊かな環境の中にあります。
東海北陸自動車道の高山西インターのそばに位置し、工房へのアクセスが一段と楽になりました。

ご見学をご希望の方へ

私どもの工房はご見学を受け入れております。ご見学のご希望の際はその旨をお電話等でお知らせ頂けますようお願い申し上げます。


このページの上へ▲